Office Hasicco

PhotoCutter

ウェディングブーケの由来

久しぶりに更新です。
今回のテーマは「ウェディングブーケ」です。

私事ですが、9月に結婚式を挙げます。
どんなブーケがいいかなーと、ネットを見る日々。

そんなある日、「ウェディングブーケの由来」という言葉に出会いました。
興味深かったので、ここで上げさせていただきます。

ずばり、ウェディングブーケとは、結婚の象徴なんだそうです。

それでは、ウェディングブーケの由来をご紹介します。

ーーーーーその昔、ヨーロッパでは男性がプロポーズをする際、自らの手で野の花を摘み、それを束ねて愛する女性に手渡したそうです。
女性は「Yes」であれば、その花束から一輪抜き取り、男性の胸ポケットにそっと差し込みました。

と、ありました。
これが、ウェディングブーケの始まりだったそうです。

花嫁さんが当たり前に持つウェディングブーケ。
その始まりを知って、ブーケ選びがいっそう楽しくなってきました。

ブーケはその種類も豊富です。
ざっと調べただけで10以上の種類がありました。

キャスケード、オーバル、ティアドロップ、ラウンド、クラッチ、アーム、ボール、バッグ、リース、フリースタイルなど。

結婚式の際、世界中の花嫁さんが、自分に似合った、あるいは一番気に入ったブーケを手にすることが出来ますように。(Y)

———————————————————————–

ご参考までに、ブーケのカタログを一つ紹介させていただきます。


Discussion Closed

New comments are not allowed on this post.