Office Hasicco

PhotoCutter6

ウェディングブーケが高い理由

昨日に引き続き、ウェディングブーケのお話です。

というのも、本日ウェディングブーケの相談に行って来たんです。

町のお花屋さんで注文を考えています。値段とデザインに悩み、注文は来週に持ち越しました。

 

ウェディングブーケって、高いんですね。

町のお花屋さんで直接交渉に行った方が全然お得だって聞いていましたが、それでも万超えは当然のようです。どうしてそんなに高いのか調べてみました。その理由は5つあります。

①「今日ある花」ではなく、「自身の希望の花」を仕入れる。

②固いつぼみのものや、花が咲き過ぎているものは使えない。

③花びらに、傷や欠けがあってはいけない。

④使用中に花が開き過ぎたり、曲がって伸びたりしないように工夫が必要。

⑤長時間ライトを浴びてももつように、保水に工夫が必要。

以上の5つが、ウェディングブーケが高い理由です。先日紹介したように、ウェディングブーケは種類が豊富です。希望のカタチに仕上げてもらうためには、当然、特別な施しが必要になりますよね。

上記した5つ以外にも、お金がかかる理由があります。

当然ですが、材料の花の値段です。どの花をブーケに使うか?花の指定、種類によっても、値段が変わります。

それに、手掛けて下さる方の人件費(技術料)です。特別な工夫が必要なだけに、その技術料がかかってしまうのは仕方ありません。

それ以外にも、値段が上がる理由があります。それは紹介料です。

例えば、ウェディングブーケを作ってくれる場所がホテルや式場と提携している場合、紹介をしてもらった分、その紹介料を支払う必要が出て来ます。これはそのお店によって値段が異なるそうですが、その紹介料の分、値段が上がってしまうんだとか。

有名所だと、その分デザイン料などもっかり、値が張るみたいです。

 

じゃあ、どうしたらブーケを安くすることが出来るのか?その方法も、ちゃんとありました。

①花を指定せず、色だけを指定する。

②式場の中に入っていない「ブーケを受注している普通の花屋さん、またはアトリエ」で頼む。

こんな方法があるそうです。

 

でも、一生に一度の晴れ舞台。晴れ姿。

花嫁さんの必須アイテム、ウェディングブーケ。

こだわりたい人は、とことんこだわりたいはずです。多少高かろうが、自分の理想のブーケを仕立ててくれるお店を見つけるのが、個人的には一番良いのではないかと思います。

何はともあれ、自分たちが納得するものをしっかりと選ぶべきですよね。

式場やホテルと提携している所が高いから使うな、ということではなく、選ぶ方の選択肢の一つとして、今回は上げさせていただきました。

 

—————————————————————————————————————

花嫁さん、結婚式に夢を馳せる方は、きっと見ているだけで楽しいですよね。今回も、ブーケのカタログを一つ、ご紹介します。


Discussion Closed

New comments are not allowed on this post.